2018年11月10日

リブレ終了ですが、最後のほうは誤差が大きくなっていました。

スポンサードリンク



2週間センサーつけっぱなしで使ってきたリブレ。
無事に2週間使い切り、今はセンサーもなくすっきりしています。
リブレ自体は便利です。日常生活で困ったことはセンサーの上に張り付けていたばんそうこうでテープかぶれを起こしたぐらい。
でも後半に入り、気になることが。
それは、やたらと測定結果が低いこと。まるで自分が健常者になったんじゃない?と勘違いしてしまうぐらい。
なので、最終日の今日、再びグルテストネオアルファとリブレで測定結果を比較してみました。
「/」の前がグルテストネオアルファ、「/」の後の数値がリブレです。
〜〜〜〜〜
本日の体重 61.1s(2017年1月1日の60.9kgから +0.2kg)

本日の運動 ウェイトを持っての腕の上げ下げ運動4パターン30回ずつ、スクワット60回、腕立て伏せ50回、四つんばいになっての足の上げ下げ左右50回ずつ、腹筋30回×3パターン、ウェストねじり、歩いた歩数は18407歩

9時20分ごろ(トレシーバ4単位、ノボラピッド2単位):血糖値 125/90
  おでん(合計731kcal)
11時50分ごろ:血糖値 177/146
14時5分ごろ(ノボラピッド2単位):血糖値 124/89
  ファミマのプレミアムサンド(430kcal)
17時50分ごろ(ノボラピッド2単位):血糖値 67/81
  おでん(合計755kcal)
19時10分ごろ:血糖値 142/106
21時15分ごろ:血糖値 114/96

摂取カロリー 1916kcal
〜〜〜〜

このように、リブレが低めに出て、グルテストネオアルファとの誤差は20〜40ぐらいあります。
これまでもリブレは全体的に数値が低めに出ていましたが、今日のこの誤差を考えると、20ぐらいは上乗せして考えた方がいいかもしれません。
今回はこんな風に最後の方で誤差が大きいことが分かりましたが、上昇や下降の変動の傾向はどちらも同じなので、どういう変化をしているかを把握するにはリブレは便利。
次は年末年始あたりに使ってみようかなと思います。

あー、それにしてもテープかぶれがかゆい。
早いとここのテープかぶれが治ってほしいものです。

************************
最後までお読みくださり、ありがとうございます。
当ブログはランキングに参加しています。
応援していただけるとうれしいです。
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ




************************

スポンサードリンク


posted by ももりんご at 22:42 | 一日の血糖値の変化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする